MENU

銀行カードローンのクレジットヒストリーとは

銀行カードローンの利用の際には、返済に関して十分注意をする必要があります。一度でも銀行カードローンの利用をすれば、その履歴はクレジットヒストリー(利用履歴)として銀行側にも、信用情報機関にも記録が残るからです。

 

ここで気をつけなければならないのが、返済の遅延や返済トラブルなどです。たった一回でも返済が滞ってしまうようなことがあれば、その履歴はいつまでも残ってしまいます。銀行カードローンに限らず、クレジットカードの利用やその他の借入についても同じことが言えますが、どこかからお金を借りた場合には、これらの「利用履歴」について十分に注意が必要です。
何故なら後々住宅ローンなど、他のローンを組む際に影響を与えることがあるからです。

 

信用情報機関の記録

信用情報機関に残されたクレジットヒストリーは、銀行ローンカード会社をはじめ、金融機関や貸金業者に共有される情報となります。もちろん、一般市民も適切な申請を行えば閲覧することが可能です。ですから、現在利用している銀行カードローンの返済が遅延しがちである=利用履歴があまりクリーンではない状態だと他のローンを組んだりキャッシング会社に借入申込みする際に審査で不利になってしまう可能性があるのです。

 

銀行カードローンの利用は便利だからといって使いすぎには注意し、返済できる範囲内で借入をするように常に制御することが大切です。そして借入たら必ず返済を期日までに行う、当たり前のことを実行するよう常々心がけましょう。

 

このようにクレジットヒストリーは、後々大きな影響を与えてしまう厳重注意をしなくてはならないものと考えられますが、その一方で審査などに有利に働く場合もあります。借入の利用があっても、常に返済を滞りなく行っているというクレジットヒストリーに問題がない人であれば、「返済能力の高い人」という判断をされますし、銀行カードローンの利用者として優良であると認められることにつながるからです。