MENU

複数のカードローン申し込みとは

銀行のカードローンを申し込もうと思った時、1つの銀行以外にも、あちこちの銀行にまとめて申し込みをしている人もいるのではないでしょうか。

 

このような複数申し込みをしている人の意図は、1つぐらい審査で落とされても、たくさん申し込むことで、どこかの銀行では審査に通るだろうという可能性を考えての事だと思います。

 

しかし、これは逆効果にもなり、何件もまとめて申し込んだことが理由でどの銀行の審査にも通らないといった事にもなりかねないのです。

 

なぜ複数の申し込みは不利になるのか

4つの銀行に申し込みをしたのに、4つとも審査に通る事が出来なかった・・。このような事はよく起こります。

 

カードローンの申し込みをすると、その銀行は審査をするために信用情報機関に保管されている記録を確認します。
この機関には様々な情報が記録されていて、もちろん複数の銀行の申し込みをしている事も調べれば一目瞭然です。
この時、記録を閲覧した銀行側は、何社にも申し込みをしている人物の事をどう思うでしょうか。

 

間違いなく、この人物は切迫していて大金が必要になっているのではないか、そのために複数申し込みをしているのでは?と思われてしまう事でしょう。

 

せっかく申し込んだのに、これでは全ての銀行から断られてしまう事態にもなりかねません。銀行カードローンの申し込みをする時には、最高でも3社までにしておいた方が無難です。できれば、面倒だとは思いますが、1社に申し込んでダメだったら次、という様に申し込みをして行った方が、結果的には審査に通りやすくなる事が多いのではないかと思います。

 

簡易審査を利用してみる

本格的な審査の前に簡易審査というものがあります。この簡易審査の場合は、信用情報機関に記録されませんから、銀行カードローンの申し込みをしたいと思ったら、まず先に簡易審査をして、カードローンを利用できるかどうかを調べ、それから正式な銀行カードローンの申し込みをする事が最も良い手段だと思います。