MENU

.銀行カードローンで発生した過払い金の扱いは?

近年、テレビCMなどで過払い金という言葉を耳にすることが増えています。これはグレーゾーン金利が撤廃される以前に金融機関からお金を借り、利息制限法に定められた上限金利以上の金利で返済を重ねてきた場合に発生している「払い過ぎた利息」のことを指しています。そして、これは返還請求を行うことによって返してもらえるお金なのです。
利息制限法では、以下のように上限金利が定められていました。

 

  • 10万円未満の融資…年利20%
  • 10万円〜100万円未満の融資…年利18%
  • 100万円以上の融資…年利15%

 

もちろんこれらの金利は銀行のカードローンに対しても有効な制限です。ところが、以前はこれ以上の金利になっていた時期があったのです。利息制限法が制定される以前の金利はもっと高く、利用者もそれに見合った利息を支払っていました。

 

専門家への相談者も多い過払い

ですが本来、これは支払う必要のない利息です。現在は既に銀行カードローンを返済し終えている方でも、契約を見直してみると上限金利以上の金利で融資を受けていた可能性があります。この場合は過払い金が発生してしまっている可能性が高いので、一度確認してみましょう。

 

過払い金の有無は各銀行に確認してみることで調べられます。自身の氏名や銀行カードローンを利用していた時期、完済した時期などを伝えて利用履歴を確認してもらってください。細かい利用内容が記された取引履歴を入手することができれば、過払い金の有無を調べることができます。過払い金があった場合は専門家に依頼し、返還請求を行ってください。