MENU

銀行カードローンは低金利が魅力

カードローンとは、契約時に借入の最高額を設定して、銀行のATMなどがらその融資限度額内で、借入をする仕組みになっています。通常カードローンでは、専用のキャッシュカードが発行されますが、銀行口座への自動融資機能がついているものなどは、普通預金のキャッシュカードで借入をするものもあります。

 

銀行のカードローンというと、その銀行の口座を持っていないと借りることができないと思いがちですが、実際はそんなことはありません。返済などのために、融資を受ける銀行の口座を作ることになることがほとんどですが、それは言われてから作れば遅いことはありません。

 

カードローンの特徴

カードローンの特徴は、担保や保証人が必要なく、比較的ゆるい条件で簡単に融資を受けることができることにありますが、一方で、不動産を担保にするカードローンが存在します。この担保型のカードローンのメリットは、無担保のカードローンに比較して高額の融資が受けられることにあります。

 

担保があるぶん、融資する銀行側は、その資産価値を加味した融資が行えるからです。カードローンで融資を受けたお金の使途は、原則自由です。しかし事業性資金としては使えないことになっています。事業用資金には、別途個人事業者向けのカードローンなどの融資商品が用意されている場合があります。

 

担保がいらないタイプの銀行カードローンには、保証会社がつくことになっています。したがって形の上では、銀行と保証会社の両方の審査を受けることになります。保証会社は、そのほとんどが、銀行の系列の大手消費者金融が受け持っています。

 

銀行カードローンの多くは、その返済方法がリボルビング払いになっています。リボルビング払いは、毎月の返済額が一定になるために、返済計画がたてやすいというメリットが有る一方で、リボルビング払いの方式によっては、なかなか元金が減っていかないというデメリットも存在します。

 

通常は指定の銀行口座から、月1回の指定日に引落がなされて、返済していきます。もし返済が滞るようなことがあると、銀行は保証会社に債権を譲り、保証会社から返済の督促をうけることになります。

 

銀行カードローンを利用するメリット

消費者金融のカードローンと比較して、銀行カードローンを利用するメリットは、若干ですが金利が低めに設定してあること、口座への自動融資機能が付いている商品があること、銀行利用の手数料割引などの優遇が受けられることなどがあります。特に自動融資機能は、設定された融資枠の範囲までならば、例えばクレジットカードの利用代金の引落の時に口座残高が足りなくても、自動的に融資してくれるという便利なものです。

 

また銀行の審査となるために、結果が出るのが遅く、急ぎの融資を受けられないと言う人もいますが、現在はその点も改善されてきており、即日融資を受けることができる銀行カードローンも増えています。

 

銀行カードローンに限りませんが、お金を借りるときには、計画的な返済計画をたてることが重要です。慣れてしまうと、お金を借りているという感覚が麻痺し、融資限度額までが自分のお金であると錯覚してしまう人がいます。そうならないように注意が必要です。