MENU

銀行カードローンの延滞が引き起こすデメリット

利用者の多い銀行カードローンですが、返済を延滞した経験がある人も少なからずいると思います。返済しなければいけないお金を準備できなかった人、うっかり支払い口座に入金しておくのを忘れてしまった人など、延滞の原因は様々だと思います。

 

しかし、期日までに返済がおこなわれなかった場合、遅延損害金を払わなくてはいけなくなってしまう事もあります。返済すべき金額+遅延損害金を支払う事になりますので、結果的に、本来の支払い額よりも多く返済しなくてはなりません。きちんと決められた期日までに返済を行っていれば、このような状態にはならないのです。

 

銀行カードローンの返済延滞は危険

延滞している人の中には、あまり深く考えずに、後でちゃんと返済すれば大丈夫と高を括っている方も居るのではないでしょうか。銀行カードローンの返済を延滞をした場合には、その人の記録が信用情報機関に全て残ってしまい、今後、別のカードローンやクレジットカードの申し込みの際などに、信用できないというレッテルを貼られ、審査に通りにくくなる可能性も出てきたり、最悪の場合、審査に通る事が出来ない等という事態にもなってしまいます。

 

それだけでなく、銀行カードローンで利用できる融資限度額が少なくなるなど、様々な弊害が出る恐れもあります。

 

さらに、いつも延滞していると銀行カードローンから保証会社のほうに債権が移行して、銀行カードローンに対して返済するのではなく、その保証会社に返済をしていくことになります。

 

しっかりとした返済計画を

大した金額を融資してもらうわけではないから・・そう考える方も居ると思います。カードローンはとても便利なものですが、自分の返済能力を超えるような融資を希望したり、なんの目的でお金を借りようとしているのか、その融資してもらったお金は、きちんと有意義な事に使われているのか、今一度、しっかりと考えて、その上でカードローンを利用するようにすれば、返済できなくて延滞を繰り返してしまうというような事態を避けることができるのではないでしょうか。