MENU

年収は銀行カードローンの限度額に反映されない

多くのカードローンの限度額は100〜500万円以上に設定されています。限度額上限まで利用しよう!と思ってカードローンを申し込み、審査を通ったとしても、最初から限度額まで利用できるとは限らないということを忘れてはいけません。なぜなら、総量規制による制約が存在するからです。

 

総量規制とはどんな制約なのか

総量規制は、貸金業者に原則として利用者に年収の3分の1以上の貸与をすることを禁止した法律です。この総量規制を具体的に言えば、年収が300万円の人がカードローンで利用できる限度額は100万円になるということです。ということは、多額の現金が必要になったときに、自分が想定していたほどのお金を借りることができない状況に陥ってしまう可能性があります。

 

銀行カードローンの限度額は年収とは関係がない

総量規制は、貸金業者のみに適用され、銀行カードローンには適用されません。貸金業者とは、消費者金融やクレジットカードといったものが当てはまります。つまり、銀行は貸金業者ではないため、銀行カードローンは、「総量規制外」となり、総量規制を適用されないのです。そのため、銀行カードローンでは、年収が低いために限度額が下がるということがおきないのです。

 

このように、銀行カードローンは年収によって限度額が変わるということはありません。一方で、年収が著しく低い場合は、銀行カードローンの審査を通ることそのものが難しい場合があります。