MENU

銀行カードローンが住宅ローンに与える影響

住宅購入時に住宅ローンを利用する方は非常に多いです。とはいえ、ローンの利用時には審査を受けて、それにパスすることができなければお金を借りることもできません。審査にはいろいろな要素が絡んでいます。申し込み者の勤続年数や他の債務状況などは、特に審査結果に影響を与えやすい項目でもあります。そして、この時に審査結果に大きな影響を及ぼす可能性があるのが、消費者金融からの借り入れです。一般的に消費者金融からお金を借りている方は、住宅ローンの審査に通過しづらいと言われています。

 

銀行カードローンと住宅ローンの関係

では、消費者金融ではない金融機関からの借り入れはどうでしょうか。現在は銀行カードローンの利用者も非常に多くなっています。住宅ローンに申し込んだ際、銀行カードローンの利用は審査にどの程度影響を与えるものなのか、気になるところです。
銀行カードローンは、銀行が扱っているローンです。その為消費者金融よりも好印象を持つのが利用者の感覚です。住宅ローンもまた銀行で利用するものですから、身内の商品ということで審査にはあまり影響を与えないと考えている方が多いのではないでしょうか。

 

ところが、実はそうとは言い切れないのです。銀行カードローンは、確かに銀行の融資商品の1つです。ですがその性質は消費者金融の商品と近いものがあり、銀行カードローンの利用があると住宅ローンの審査に悪影響をもたらすことは決して少なくないのです。
そもそも、銀行カードローンは審査の際や保証において、消費者金融会社を利用していることが多くなっています。その為、銀行としては銀行カードローンの利用であっても消費者金融の利用と同様の判断を下すことが珍しくありません。もちろん消費者金融の利用よりは若干印象は良いものの、銀行カードローンの利用によって審査に落ちてしまう可能性があるということも覚えておきましょう。

 

銀行カードローンの利用状況

ところで、銀行カードローンも利用状況によっては住宅ローンの審査の際に強い武器になることもあります。これまでに銀行カードローンを利用し、正しく返済を重ねている方の場合、実はこれが返済実績として効果を発揮することがあるのです。ですから銀行カードローンの利用が必ずしも住宅ローンの審査に悪影響を与えるわけではないのです。

 

現在銀行カードローンを利用している方は、返済遅延などを起こさないよう、クリアな利用実績を作ることに尽力しましょう。