MENU

銀行カードローンを利用している本人が死亡してしまった時の支払いについて

銀行カードローンを利用している時に、その利用者が死亡をしてしまった時に、支払いはどうなるのでしょうか。もし支払いが残っていたらそのお金はどうなるのでしょう。

 

私たちが生きている日常ではどんなことが起こるか分かりません。事故や病気で亡くなってしまう事もあります。そのような時に、銀行カードローンによる借り入れの残高があった場合は配偶者または子供等が相続をして支払いをすることになります。相続権は遺産を像属するだけでなく、借金も相続することになるのです。ですから、銀行カードローンの場合もまだ借りたお金を完済していない場合は、相続人が支払いをしていくことになるでしょう。
保険金を利用して即座に銀行カードローンによる借入金を返せたときは良いのですが、そうでない事もあります。もしそのようなときには相続放棄を行うことが出来ます。相続放棄を行うと財産を相続する事は出来ませんが、借金の支払いもしなくて良いのです。

 

相続放棄するためには

相続放棄をするためには、相続が開始されてから3ヶ月経つ前に家庭裁判所へ行って届出を提出しなくてはいけません。家庭裁判所に届け出をだし、そして認められた時に相続放棄が決定します。もし、銀行カードローンでお金を借りている本人が死亡した時に、お金を返済していくことが出来ないときにはすぐに家庭裁判所へ行きましょう。

 

配偶者や子供が相続放棄をした場合に、次に財産が相続される対象になるのは死亡した本人の親や、兄弟が相続の対象となります。

 

以上に記したとおり、銀行カードローンでお金を借りている本人が亡くなってしまうと多くの人に迷惑をかけます。ですから、お金を借りる時には自分が借りている金額を把握しましょう。そして、しっかりと返済をしていけると言う事を周りの人に言っておくことが大切です。