MENU

銀行カードローンのクレヒス

銀行カードローンのクレヒスという単語を見たことがある方もいらっしゃると思います。クレヒスとは「クレジットヒストリー」の略であり、クレジットの履歴のことです。これは銀行カードローンのみならずクレジット会社、住宅ローン全般を含めた信用情報を記録しているものであり、信用情報機関というところに記録されているのです。この情報、クレヒスは誰でも閲覧ができるようになっており、銀行カードローン審査時や住宅ローン審査時は必ず確認されるものなのです。

 

よく聞くのが銀行カードローンのクレヒスは悪いイメージがありますが、これはあくまで延滞などマイナスな情報を持っている人の場合です。毎月の返済をきちんと行い、借り入れをしても返済の延滞がない人であれば、逆に評価が高くなる可能性だってあるのです。

 

クレヒスは有利に働く場合もある

返済が滞っておらず、キャッシングを適度なペースで行っていればかえって「優良顧客」とされるので、他会社のカードローンの審査時など、クレジットカードを作る場合、住宅ローン審査時には評価によっては有利に働くことがあります。

 

たった一度の延滞をするとクレヒスに残ってしまう

クレヒスは正常にクレジットカードを使っていればクレヒスに良い記録として残るので審査時に味方になりますが、1度でも延滞してしまうと優良顧客からは外れてしまいます。銀行カードローンは延滞に非常に厳しく、クレヒスに延滞情報が残ってしまうと審査に通らない可能性があるので十分な注意が必要です。延滞は故意ではなく、引き落とし当日までに口座に入金していなかったということが大半ですが、そういった個人的な理由は一切通用しませんので、期日までにはきちんと口座への入金をしておくようにしましょう。

 

銀行カードローンのクレヒスは不利になる場合もある

銀行カードローンのクレヒスによって住宅ローンの審査時にも影響が出るのではないかという考えを持っている方もいらっしゃりますが、適切なカードローンの利用をしていれば、高評価をしてもらえる場合がありますので、銀行カードローンのクレヒスが悪影響というのは一概には言えないことなのです。