MENU

銀行カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

銀行のカードローンをわざわざ利用しなくても、クレジットカードのキャッシング機能で十分だという人も多いでしょう。実際にどちらも簡単にお金を借りることができると言う面では同じであり、この2つを使い分けていると言う人は、あまり多くないでしょう。ここで銀行カードローンとクレジットカードの違いについて、確認しておきましょう。

 

クレジットカードは買い物ができる

クレジットカードの本来の目的は、ショッピングに利用することです。多くのクレジットカードにはキャッシング枠が設定されていますが、それはあくまで補助的な機能になります。それに対して銀行カードローンは、現金を借りるためのカードです。そして銀行のローンカードでは、基本的にショッピングに利用することはできません。

 

融資枠の違い

クレジットカードのほとんどには、ショッピング枠とキャッシング枠が設定されています。この枠がいくらなのかは、人によって違います。クレジットカードの場合は、使えば使うほど、そして返済に問題がなければ、融資枠はどんどん大きくなっていきます。ごく一部の超富裕層しか持つことができない、特別なカードでは、融資限度がないという場合もあります。しかし一般的には多くても、ショッピング枠は数百万、キャッシング枠はその半分程度ではないでしょうか。それに対して、銀行のカードローンの最大融資枠は200万円〜800万円のところがあります。つまりまとまった金額が必要なときには、銀行のカードローンを利用することになります。