MENU

銀行カードローンとサラ金の違いについて

銀行カードローンは銀行側が提供している借り入れ商品です。「借入」という単語で一般的に連想するのは消費者金融のイメージですが、銀行カードローンとサラ金はどこがどう違うのでしょうか。

 

借り入れ限度額

サラ金ですと、総量規制が働くため、借入できる金額は申請者の年収の3分の1までしか借入をすることができません。年収が600万円の人ならば200万円まで借りることができます。反対に銀行カードローンは利息制限法の適用から外れていrので、年収によって借入額が変わるというようなことはありません。

 

低金利で安定

銀行カードローンとサラ金の違いとは金利がひとつの基準になります。銀行カードローンは低金利であり、安定しているということが挙げられます。借入をする側からすると、金利が安いというのは願ったりかなったりという面があるのは良いことですし、常に安定していてもらいたいと思うものです。銀行カードローンはバックが銀行になるので、銀行カードローンとサラ金は金利が違うということを覚えておいてください。

 

イメージが異なる場合も

住宅ローン希望者が審査を受けようと思っているときに銀行カードローンの利用履歴があるのかサラ金の利用履歴があるのかでは、印象が違ってくる場合があるのではないかという話があります。銀行カードローンよりサラ金のほうがイメージが悪いので、住宅ローンに影響してくるという場合があるというイメージがあるようですが、返済をきちんと毎月していれば特に問題はありません。