MENU

銀行カードローンを解約する時

銀行のカードローンの申し込みをして、その契約をずっと放置していても、その間、利息が生じるわけではありません。また、契約しているからといって、常にカードローンを利用しなければいけないというわけでもありません。ですから、使う予定がないからといって、わざわざ解約しなければいけないという事は、特にないのですが、もし住宅ローンを利用したいと思った時には、審査の時に銀行カードローンを利用している事で、審査に通りにくくなる場合があるので、そのように考えると、住宅ローンの利用を考えている人は、銀行カードローンの解約をした方が良いという事になります。

 

銀行カードローンを解約する前に満たしていなければいけない条件とはカードローンの解約をする前に、借り入れした残高が残っている場合には、銀行カードローンの解約はできません。したがって、全て返済済みであれば、いつでも銀行カードローンの解約は可能です。

 

解約の手続きはどのように行うのか

銀行カードローンを解約したいと思い、その銀行のサイトを見てみたが、解約のフォームなどが見当たらないというのは、良くあるケースです。これは、1度カードローンの契約をして利用した事があっても、その後ずっと利用しない状態が続いていても、特に利息がかかるわけでもなく、かかる費用などもないので、そのまま放置している事が多いという理由が考えられます。

 

さらに、継続して契約していれば、またいつお金が必要になるかわかりませんから、その時にすぐ利用できるようにという考えの方も多いのではないか思います。ですから、解約したいと思ったら、まずは問い合わせをして解約したいという意思を銀行に伝える事が大切です。問い合わせをすると、後日、銀行から解約届というものが送られてきますので、そこに必要事項の記載をして送り返せば、解約することができるようになっています。

 

解約後は、カードに切り込みを入れるなどをしてから破棄することがおススメです。