MENU

銀行カードローンの審査に行われる在籍確認とは

銀行カードローンの審査の際には、申込者が申告している勤務状況の裏付けを取る為に在籍確認が行われています。これは申込者が申告した勤務先に本当に勤務しているかを確認するために欠かせないものです。勤務の実態がなければ、返済能力を立証することができなくなる為です。

 

銀行カードローンの在籍確認

銀行カードローンの在籍確認では、勤務先に電話連絡をして申込者の在籍を確認するのが一般的です。その為、勤務先に銀行カードローンの利用を知られたくない方にとってはとても大きなプレッシャーになることもあります。絶対に勤務先に電話をかけてもらいたくない場合は、社員証や社会保険証で在籍確認を行ってくれる銀行を選ぶと良いかもしれません。
また、勤務先への電話連絡と言っても、最近の銀行カードローンの審査時には様々な配慮がなされているのが一般的になっています。銀行カードローンの審査だということが分からないよう、通常業務の電話連絡の様相で電話をしてきたり、個人名での電話確認をしてくれるケースも多いです。電話の内容も在籍確認だと明確に伝えるものではなく、単純に「○○さんはいらっしゃいますか?」と尋ねる程度の内容である場合がほとんどです。ここでその勤務先にきちんと在籍していることが確認できれば、在籍確認は完了なのです。

 

銀行カードローンの利用を勤務先に知られない為に、連絡先電話番号を自身の携帯電話だけにして申し込みを行う方もいます。ですが、この場合は若干審査に通り辛くなる可能性があるのも事実です。現在は勤務先に知られる可能性の低い対応を取る銀行が多いですから、あまり心配せずにきちんと在籍確認を受けることをおすすめします。勤務先に知られても問題ない場合は、事前に電話取り次ぎを担当する同僚に伝えておくのも良いかもしれません。