MENU

銀行カードローンの任意整理を行うには

急にお金が必要になった時などに便利な銀行カードローンですが、便利だからと言って、自分が返済できる額をはるかに超えてしまい、きちんと返済することができなくなってしまった・・という事になる場合もあります。こうなってしまった時には、1つの手段として債務整理をすることで、今よりも返済の負担が軽くなる場合があります。
債務整理を行うためには、個人再生や自己破産など、普通は裁判所を通すことで行うものが一般的ですが、その中でも裁判所を通さない債務整理の1つで任意整理というものがあり、利用する人が多いのも特徴です。

 

銀行カードローンの任意整理は弁護士に

任意整理を行うためには、自分の代わりに代理人として弁護士などにお願いして債権者側と話し合ってもらい、返済方法をどうするかを決めてもらうという流れになります。

 

完全に話し合いで決めるという事は、双方の意見がうまくまとまらなければ、いつまでたっても平行線という事もあり得るので、最適な方法とは言い難いですが、なかには、債権者が利息制限法を無視して、高い金利を付けていたりした場合もあるので、この任意整理を行う事で、返済額がかなり減る事になったりするので、効果的な方法です。

 

任意整理は、法が関わらないという事で、必ずうまくいくとは限りませんし、意見が合わず、いつまでも平行線になってしまうかもというデメリットもありますが、自己破産などをしてしまうと、社会からの信頼性を失うだけでなく、様々な制限もついてしまう事を考えれば、任意整理を選ぶ事でうまく解決できることもあるので、債務整理をするなら、まずは任意整理をしてみるのが良いのではないでしょうか。

 

任意整理は、しっかりと知識を持っていれば、自分でもできなくはないですが、かなり知識も必要になってきますし、正直難しい部分もありますので、任意整理をしたいと思った時は、まずは弁護士などに相談して、代理人になってもらった方が良いでしょう。