MENU

銀行カードローンコラム

銀行カードローンコラム記事一覧

銀行のカードローンをわざわざ利用しなくても、クレジットカードのキャッシング機能で十分だという人も多いでしょう。実際にどちらも簡単にお金を借りることができると言う面では同じであり、この2つを使い分けていると言う人は、あまり多くないでしょう。ここで銀行カードローンとクレジットカードの違いについて、確認しておきましょう。クレジットカードは買い物ができるクレジットカードの本来の目的は、ショッピングに利用す...

銀行カードローンは銀行側が提供している借り入れ商品です。「借入」という単語で一般的に連想するのは消費者金融のイメージですが、銀行カードローンとサラ金はどこがどう違うのでしょうか。借り入れ限度額サラ金ですと、総量規制が働くため、借入できる金額は申請者の年収の3分の1までしか借入をすることができません。年収が600万円の人ならば200万円まで借りることができます。反対に銀行カードローンは利息制限法の適...

カードローンとは、契約時に借入の最高額を設定して、銀行のATMなどがらその融資限度額内で、借入をする仕組みになっています。通常カードローンでは、専用のキャッシュカードが発行されますが、銀行口座への自動融資機能がついているものなどは、普通預金のキャッシュカードで借入をするものもあります。銀行のカードローンというと、その銀行の口座を持っていないと借りることができないと思いがちですが、実際はそんなことは...

利用者の多い銀行カードローンですが、返済を延滞した経験がある人も少なからずいると思います。返済しなければいけないお金を準備できなかった人、うっかり支払い口座に入金しておくのを忘れてしまった人など、延滞の原因は様々だと思います。しかし、期日までに返済がおこなわれなかった場合、遅延損害金を払わなくてはいけなくなってしまう事もあります。返済すべき金額+遅延損害金を支払う事になりますので、結果的に、本来の...

銀行のカードローンを申し込もうと思った時、1つの銀行以外にも、あちこちの銀行にまとめて申し込みをしている人もいるのではないでしょうか。このような複数申し込みをしている人の意図は、1つぐらい審査で落とされても、たくさん申し込むことで、どこかの銀行では審査に通るだろうという可能性を考えての事だと思います。しかし、これは逆効果にもなり、何件もまとめて申し込んだことが理由でどの銀行の審査にも通らないといっ...

経験のある方はおわかりですが、カードローンを利用する手続きには、申し込みだけではなく銀行の審査があり、審査結果が出るまでは多少時間がかかる場合がほとんどです。しかも、その審査が通らなかった場合、また同じ作業と時間を使って、ほかのカードローンに申し込まなくてはなりません。その時間が待てないという場合、複数のカードローンを検討して申し込むことがあるかもしれません。もちろん、必ず1つずつ申し込みをしなけ...

銀行カードローンのクレヒスという単語を見たことがある方もいらっしゃると思います。クレヒスとは「クレジットヒストリー」の略であり、クレジットの履歴のことです。これは銀行カードローンのみならずクレジット会社、住宅ローン全般を含めた信用情報を記録しているものであり、信用情報機関というところに記録されているのです。この情報、クレヒスは誰でも閲覧ができるようになっており、銀行カードローン審査時や住宅ローン審...

銀行カードローンの利用の際には、返済に関して十分注意をする必要があります。一度でも銀行カードローンの利用をすれば、その履歴はクレジットヒストリー(利用履歴)として銀行側にも、信用情報機関にも記録が残るからです。ここで気をつけなければならないのが、返済の遅延や返済トラブルなどです。たった一回でも返済が滞ってしまうようなことがあれば、その履歴はいつまでも残ってしまいます。銀行カードローンに限らず、クレ...

銀行カードローンを利用している時に一括返済をしたいとなった時に、対応している銀行は多くあります。一括返済について詳しく説明をすると、返済期限を待たずに借りているお金をまとめて一括で返してしまうと言う方法になります。この一括返済という方法には多くの利点があります。まず一つ目を紹介します。それは借りているお金の金利を少なくすることが出来る事です。銀行カードローンでお金を借りた場合には、毎年金利がかかり...

多くのカードローンの限度額は100〜500万円以上に設定されています。限度額上限まで利用しよう!と思ってカードローンを申し込み、審査を通ったとしても、最初から限度額まで利用できるとは限らないということを忘れてはいけません。なぜなら、総量規制による制約が存在するからです。総量規制とはどんな制約なのか総量規制は、貸金業者に原則として利用者に年収の3分の1以上の貸与をすることを禁止した法律です。この総量...

銀行が発行しているカードで利用できるローンは、非常に便利なものです。日頃から利用している銀行のローンであれば安心感もあり、手軽に利用できるのではないでしょうか。実際に利用していくと、限度額がもっとあればいいのにと思われることがあるかもしれません。というのは、カードの最初の設定では利用できる金額が少なめであることが多いためです。自分のライフスタイルから見ても増額したほうがいいように感じても、実際に手...

銀行のカードローンの申し込みをして、その契約をずっと放置していても、その間、利息が生じるわけではありません。また、契約しているからといって、常にカードローンを利用しなければいけないというわけでもありません。ですから、使う予定がないからといって、わざわざ解約しなければいけないという事は、特にないのですが、もし住宅ローンを利用したいと思った時には、審査の時に銀行カードローンを利用している事で、審査に通...

銀行カードローンを利用したい場合に気になるのが、審査です。審査の結果はもちろんですが、審査にかかる時間も気になるところです。というのも、あまりに審査に時間がかかりすぎると、もしも審査に落ちてしまった場合に次の金融機関を探し直すタイムロスが生じる為です。最近の銀行カードローンの審査は昔に比べると遥かに短時間で完了するようになっています。審査の方式にスコアリングシステムを採用したことによって、以前ほど...

銀行カードローンの審査の際には、申込者が申告している勤務状況の裏付けを取る為に在籍確認が行われています。これは申込者が申告した勤務先に本当に勤務しているかを確認するために欠かせないものです。勤務の実態がなければ、返済能力を立証することができなくなる為です。銀行カードローンの在籍確認銀行カードローンの在籍確認では、勤務先に電話連絡をして申込者の在籍を確認するのが一般的です。その為、勤務先に銀行カード...

銀行カードローンを使っているといえば、社会人だけをイメージするかもしれません。しかし、最近では、多種多様のニーズの影響を受け、学生でも利用可能なサービスを提供する銀行カードローンが増えてきました。銀行カードローの学生対応社会人と違い、学生時代は自力で安定した収入を得られない状況の中で、勉強や友人関係サークルなど、様々なお金が必要となります。旅行費用など、まとまったお金が必要になる時もあります。そし...

銀行カードローンを利用する顧客の中には、専業主婦の人もよく見受けられます。収入が定期的にあると認められない専業主婦でも銀行カードローンを利用することに問題はないのでしょうか。実際には、配偶者(パートナー)に定期的な収入があれば審査を受ける事が可能です。審査を通過することができれば、専業主婦でも銀行カードローンの利用が可能となります。審査上で最も重視されるのは、パートナーの収入額となります。また、他...

住宅購入時に住宅ローンを利用する方は非常に多いです。とはいえ、ローンの利用時には審査を受けて、それにパスすることができなければお金を借りることもできません。審査にはいろいろな要素が絡んでいます。申し込み者の勤続年数や他の債務状況などは、特に審査結果に影響を与えやすい項目でもあります。そして、この時に審査結果に大きな影響を及ぼす可能性があるのが、消費者金融からの借り入れです。一般的に消費者金融からお...

銀行カードローンを利用している時に、その利用者が死亡をしてしまった時に、支払いはどうなるのでしょうか。もし支払いが残っていたらそのお金はどうなるのでしょう。私たちが生きている日常ではどんなことが起こるか分かりません。事故や病気で亡くなってしまう事もあります。そのような時に、銀行カードローンによる借り入れの残高があった場合は配偶者または子供等が相続をして支払いをすることになります。相続権は遺産を像属...

急にお金が必要になった時などに便利な銀行カードローンですが、便利だからと言って、自分が返済できる額をはるかに超えてしまい、きちんと返済することができなくなってしまった・・という事になる場合もあります。こうなってしまった時には、1つの手段として債務整理をすることで、今よりも返済の負担が軽くなる場合があります。債務整理を行うためには、個人再生や自己破産など、普通は裁判所を通すことで行うものが一般的です...

近年、テレビCMなどで過払い金という言葉を耳にすることが増えています。これはグレーゾーン金利が撤廃される以前に金融機関からお金を借り、利息制限法に定められた上限金利以上の金利で返済を重ねてきた場合に発生している「払い過ぎた利息」のことを指しています。そして、これは返還請求を行うことによって返してもらえるお金なのです。利息制限法では、以下のように上限金利が定められていました。10万円未満の融資…年利...