MENU

総量規制の完全施行によって

2010年6月に制定された「総量規制」は、融資限度額を借り手である利用者の収入 (年収) をベースとして設定することとした制度です。従来では、カードローンの融資額について特に規制がなく、主婦やパート、アルバイトといった人でもまとまった大きな資金の借入をすることが可能でした。

 

しかし、収入よりも大きな借入をしてしまうと返済が負担となり、その結果カードローンの利用で破産する利用者が増加傾向にあったのも事実です。このような現状を打開するために、年収によって借入額が制限される規制が作られたというわけです。現在では、総量規制が完全に施行されたため、カードローンの利用に一定の制限がかかっています。

 

総量規制導入により変化したことは
総量規制が導入されたことで、大きく変わったのは以下の点です。

借入は年収の3分の1まで

税金が引かれる前の純粋な年収入の額を基に、その額の3分の1が借入できる限度となります。
ですから、年収300万円であれば、その3分の1である100万以上の借入は不可能ということになります。

 

複数回の借入に制限がある

総量規制が導入される前に、既に年収の3分の1以上の借入がある場合は、制限対象になる可能性があります。
総量規制が施行された後も、年収の3分の1以上の借入があると、追加で借入はできません。
年収300万円の人は、借入限度額は3分の1の100万以下となりますから、総量規制前に150万を借入していた場合は追加で借入できません。
追加で借入をしたい場合は、借入残高が100万円以下になるまで不可能というわけです。

 

収入がない人は必要書類の準備を

従来は利用者自身が無収入の場合、配偶者に一定の収入があると判断されれば、借入が可能でした。
総量規制後は、収入のある配偶者の同意書、住民票、戸籍抄本、婚姻関係を証明する書類など、必要書類の提出が必須となりました。
配偶者に隠れて借入をするということを防ぐためでもあります。

 

総量規制の基準とは

自由に借入をしながら生活に役立てていた人にとって、大きな制限が課されることとなった総量規制ですが、対象となる基準は消費者金融や、信販会社、クレジット会社などの貸金業者からの借入です。

 

ですから、銀行系の金融機関が融資を行う銀行カードローンによる借入はこの総量規制の対象から外れるのです。但し、銀行カードローンの中にも、年収による申込み制限を課している金融機関もありますので、事前に情報を確認して条件をチェックしておくことは大切です。