MENU

銀行カードローンの返済方法について

銀行カードローンを利用して融資を受けた場合の返済は、どのような方法があるのでしょうか。大きく分類すると、4種類の返済方法があります。そして各返済方法によってメリットやデメリットが異なるので、自分自身に適切な返済方法を選択することが重要です。金融機関によっても返済方法の内容に違いはありますので、銀行カードローンを申し込む前に、きちんと事前に確認しておくようにしましょう。

 

2種類あるリボルビング返済方式とは

毎月支払う返済額を事前に決めておくのがリボルビング返済方式です。また、融資限度額の範囲以内であれば返済の途中でも、複数回、借入が可能なのがメリットでもあります。このリボルビング返済方式にも種類があり、

 

@元利定額リボルビング返済方式
A元金定額リボルビング返済方式

 

と2つの方式があります。

 

@元利定額リボルビング返済方式では、毎月支払うのは「金利込みの返済額」です。
ですから複数回利用しても、毎月支払う返済額は一定となり変わりません。
無理のない返済となるので家計を苦しくするようなことはないのが良い点なのですが、利用額が大きくなるほど元金はほとんど減らない状態になります。
最終的に完全に返済するまでの期間が長期化してしまうのがデメリットと言えるでしょう。

 

A元金定額リボルビング返済方式では、毎月支払う返済額+利息分が追加されて支払う方式です。
@元利定額方式と比較すると、月々の返済額は多少高くなりますが、元金は確実に減らしていくことができる返済方法です。

 

残高スライドリボルビング返済方式とは

返済額が一定額ではなく、カードローンの利用額に応じて毎月変動する返済方式です。
毎月の返済額が変わる=スライドするためそれぞれ以下の3種類の特徴があります。

 

元利定額

借入残高に対して返済額が変わり、返済額に含まれている利息が減っていく。

 

元金定額

借入残高に対して「元金」の返済額が変わり、支払うべき元金の一定額が残高によって決まる

 

元利定率

借入残高に対して「元金」の返済額が変わり、支払うべき元金の一定額が残高の定率によって決まる

 

元利均等返済方式について

毎月支払う返済額を決めて、返済をしていく方式です。リボルビング返済方式と異なるのは、「返済途中の借入不可」というところです。あらかじめ決めておいた返済額は、金利込みの額のため、毎月の支払い返済額は変わりません。

 

元金均等返済方式について

こちらも毎月支払う返済額を決めて、返済をしていく方式ですが、返済額には利息もプラスして支払う方式になるため、元金を確実に減らしていく事ができる返済方式です。元利均等返済方式と同様に、返済途中の借入はできません。元利均等返済方式と比べると、毎月の支払い返済額は大きくなりますが、元金を減らすことができるため返済期間が短縮されます。