MENU

銀行カードローンをスムーズに申し込むためにしておくこと

銀行カードローンを申し込みするのに、事前にさまざまな書類を準備しておく必要があります。
スムーズに手続きを済ませるには、必要書類がそろっていることが必要です。
場合によっては、手元にないものがあるかもしれませんので、余裕をもって必要書類を確認し、手元にないものは取り寄せる準備をしておきましょう。

 

契約に必要な書類を確認し準備しておきましょう

銀行カードローンを申し込むためには必ず、本人確認書類が必要になります。
金融機関ごとに必要な書類が異なることもありますが、本人確認書類だけは必ず必要となります。
これは本人であると証明できるもので、運転免許証、健康保険証又はパスポートが必要です。
現物である必要はないので、コピーを取っておくと良いでしょう。

 

他には、所得証明が必要な場合があります。
50万円以下の小額融資であれば必要ないところもありますが、50万円を超える融資であれば、所得証明が必要になることがほとんどです。
所得証明とは、源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、確定申告などの所得を証明できるものです。
手元にない場合は、住まわれている市町村の役所で所得証明書を発行してもらうことができます。

 

以上の2点は、銀行カードローンの契約前に必要な書類です。あとは、契約内容により他に必要書類がないか確認しておきましょう。

 

契約前に確認しておきたいこと

契約前に確認しておきたい事項として、必要書類のほかに、公共料金を未納・滞納にしたままにしていないかです。
うっかり電気代や携帯電話料金の支払いを忘れたりしていると、審査に影響がでてきます。
公共料金を未納・滞納したまま放置されていると、支払い能力が低いと判断されてしまい、落とされてしまいます。
銀行カードローンの契約前に、未納・滞納の料金がないかどうか身辺をしっかり確認しておきましょう。
そして身辺を整理してから申し込みをすることをおすすめします。