MENU

銀行カードローンを利用するにあたり

銀行カードローンは非常に便利な物になりますが、やはりメリットがある様にデメリットも存在するのではないでしょうか。消費者金融での融資額が総量規制によって自身の収入の1/3を超える融資は受けられなくなった近年、銀行ではその総量規制の対象から外れますので、収入の1/3以上の融資をお願いする事が可能となります。
また消費者金融に比べ、比較的金利が低い等メリットがあります。銀行でのカードローンですと、同時に口座を開設しておけば生活での支払い等を専用引き落口座として利用すれば、残高不足などを補ってくれるサービスもありますので大変助かるサービスとなります。

 

銀行カードローンのサービスや審査

こう言ったメリットが銀行カードローンには存在します。では逆にデメリットはあるのか、消費者金融と比較した場合に銀行カードローンの場合、融資して頂く上で行う審査が厳しくなるかと思います。
また消費者金融の様に審査がスピーディーかつ即日融資可能と言った事が中々難しく、急ぎの融資をお願いする事には向いていないのかと思います。消費者金融で無事審査が通り利用する事を経験されていても、銀行でカードローンを申し込んでも審査が通らなかったと言った経験をされる事も中にはある様です。

 

最近では取り引きにインターネットのサイト上で行う事が一般的になってきましたが、消費者金融業者のサイトでのサービスより劣る事がありますので、利用可能額や利用明細等の確認には向かない点もデメリットになるかと思います。メリットデメリットは、どの業者にもあるかと思いますのでそれぞれ比較する事も大切になってくるのかと思います。