MENU

銀行カードローンの審査の基準

申し込みの際、担保や保証人がいらない銀行カードローンですが、きちんと決められた審査は受けなければいけません。消費者金融系のカードローン審査とは違って、審査の基準が違う銀行カードローンの審査は比較的厳しく、他のカードローン会社は通っても、審査に通らない場合も多くあります。

 

審査基準の主な項目とは

各銀行により、変わってくる審査基準。しかし、職業や年収、年齢や今までの借り入れ実績などが主な審査基準になるようです。

 

まず、返済能力の有無を知るために欠かせない年収。
年収いくらなら良いのかという事がわかるようになっている所もありますが、大切なのは、収入が安定している事と、その収入は継続して得る事が出来ているのかという点になります。勤続年数が長く、年収も多い場合の方が審査に通りやすくなるのは言うまでもありません。アルバイトやパートは、やや審査が厳しくなる傾向があります。次に年齢の問題ですが、ホームページを見ると、何歳〜何歳までと記載されている事が多く、20歳から65歳ぐらいまでが一般的な審査の基準内だと思われます。

 

今までの借り入れ状況も基準になる

どのカードローン会社に申し込んでも同じですが、カードローンに申し込みをすると、どのぐらい信用できるかという調査が行われます。以前に借り入れをした際の額や、返済は遅れたりしていないか、きちんと返済しているかなどの情報を調べられる事になります。

 

申し込んだ人のこのような情報というのは、全ての機関で共有されており、すぐに調べる事が可能なのです。重要なのは、今の時点で、他の会社などから融資を受けているかという点と、今までの返済で延滞した事実はないかという事が焦点になるのです。

 

返済が遅れる事があった場合や、他の会社から多額の融資を受けている時は、審査に通らない可能性もでてきます。しかし、他から融資を受けた事があっても、きちんと返済をしている場合には、審査にはあまり影響はないと言われています。