MENU

審査に通らないのには理由がある

様々な基準により、申し込み者が信用に値するかどうかを調べる、銀行カードローンの審査。その審査に通る事ができれば、銀行カードローンを利用して融資を受ける事ができるようになります。

 

しかし、残念ながら基準を満たしていなかった場合には、審査に通る事ができず、カードローンを利用することはできなくなってしまいます。ほとんどの銀行カードローンの審査基準に、年収や年齢などと一緒に、継続して安定した収入があるという条件がありますが、この他に審査に通らない理由として、どのような事が挙げられるのでしようか。一般的に審査に落ちてしまう場合、以下のような理由が考えられます。

 

あちこちから借り入れしている場合

最も審査に落ちやすい条件として、何社からも借り入れの実績があるという事が挙げられます。カードローンの審査をする時に、このような情報は金融機関内で共有されているため、どのぐらいの借り入れをしているのかという事が、すぐわかるようになっているのです。

 

この基準も、たとえば2社までの借り入れなら範囲内とする銀行もあるのですが、決められた基準以上の借り入れ実績がある時には、その時点で審査に落ちるというふうに決められています。何社からも融資してもらっているが、何とか銀行カードローンを利用したいと思う方は、ローンを1つにまとめる事ができる「おまとめローン」を利用した上で申し込みをしてみるのも良いかもしれません。

 

ブラックリストに載っている場合

他社のローンを利用して、きちんと返済をしていなかった等の場合には、返済が遅れたという事が記録されてしまいます。このような事があると審査は厳しくなりますし、あまりにも返済が遅れてしまっている場合には、信用情報機関のブラックリストに載ってしまうので、これでは審査に通る可能性はないといっても良いでしょう。

 

もう1つのブラックとは

返済が遅れた際のブラックリストとは別のブラックもあるのです。ひと月のうちに3つ以上の会社の審査を受けている場合の事を『申し込みブラック』と呼びます。このように短い間に、何社も続けて審査を受ける事で、申し込み者は非常に金銭的に切迫した状態であると思われてしまい、審査に通らない可能性が高くなってしまうのです。これらは気をつければ防げる事だと思いますので、いくつかの会社に申し込みをする時は、間を置いて審査を受けるようにすると良いでしょう。

 

勤めてから日が浅い場合

審査の基準に挙げられる事の多い、継続的に安定した収入が見込めるという条件。これには、年収はもちろんですが、その勤め先にどれだけ長く勤めているかというのも重要な判断材料になります。ですから、会社に勤めたばかりの新入社員の方や、転職してすぐ等、その職場に勤めてから3カ月未満の場合は、審査に通りにくくなってしまう事があります。

 

自分の居住を確認することができない場合

カードローンに申し込みをすると、その住所に存在する人物かどうかという確認が行われますが、居住が定まっていない人では審査に通る事はできません。

 

今は携帯電話があるので、固定電話は契約しない人も多いので必ずしも必要ではありませんが、固定電話の契約を行っている場合は、それだけで生活基盤がしっかりしていると思われる判断材料になる場合があるので、少し審査で通りやすくなる事があります。

 

公共料金の滞納

毎月支払う事になっているいわゆる公共料金や携帯の通信料など、きちんと支払っていない時には、融資しても返済する能力がないのではと思われて審査に落ちる可能性が高くなります。ですから、滞納している分などの支払いをちゃんとしてから、カードローンの申し込みをするのが大切なポイントです。