MENU

銀行カードローン会社を比較する

銀行カードローンの魅力はなんといっても低金利であるということです。しかも現在は多くの金融機関がそのサービスをしています。しかし金融機関ごとに金利や融資限度額などのサービスが異なっており、どこでキャッシングを申しこめばいいのか分かり難い状況であるともいえます。まずは自分の状況や条件を含め比較検討して申し込み先を決めることをおすすめします。ではどのような点が違うのか具体的に比較してみましょう。

 

銀行カードローンの金利と融資限度額

まずキャッシングにおいて一番重要なのは金利と融資限度額でしょう。あなたがいくらキャッシングしたいかによって、選ぶ金融機関は異なります。一つの例として三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行を比較検討してみましょう。三菱東京UFJ銀行は50万円から100万円までは年率11.6%、400万円から500万円以下は年率5.1%です。しかし、みずほ銀行は100万円未満までは年率14.0%、400〜500万円までは年率5.0%という設定になっています。

 

この場合あなたがキャッシングしたい金額が100万円なら迷わず三菱東京UFJ銀行でしょうし、400万円ならみずほ銀行を選ぶべきです。キャッシングしたい金額や返済の予定をしっかりと見極めることが、どこでキャッシングするのが一番良いか考える判断材料の一つであるといえるでしょう。また金利は返済にかかる年数などともリンクしているのがほとんどです。実際に何円借りて何年で支払いを済ませると金利の総額はいくらになる、という計算もネット上で出来るページがあります。便利なインターネットを利用してしっかりと把握することが重要です。

 

銀行カードローンの審査

また銀行カードローンの魅力は前述の通り、消費者金融などにくらべて低金利であるということです。しかしその分審査も大変厳しいのもまた現状です。しかしあなたが普段使っているメインバンクなら案外と融通をきかせてくれる場合があります。審査に通るのが厳しいのでは、と思う事があればあなたのメインバンクに申し込んでみてはいかがでしょうか。他の金融機関に申し込むよりはずっと有利であると考えられます。

 

そして各金融機関によって付加価値のあるサービスを実施しています。三菱東京UFJ銀行ならテレビ窓口というものがATM備え付けられており、最短、即日カード発行というサービスも行っています。またみずほ銀行では、自動貸越機能がついています。これはカードローンの返済口座の残高不足の時に融資限度枠の中で自動で融資をしてくれるというものです。金利や融資限度額とともに自分が使いたいと思うサービスがある金融機関を選ぶと失敗が少ないでしょう。