MENU

銀行からすばやく個人融資を受けるために知っておきたいこと

銀行から個人融資を受けたいと検討する人の中には、次のような疑問や不安を抱えている人も多くいます。

 

  • 銀行から個人融資を受けられる?
  • 個人事業主でも借りられる?
  • 金利が気になる

 

など、こうした疑問や不安により、個人融資を受けることを踏みとどまってしまう方もいるでしょう。

 

そこで今回は、銀行の個人融資はどういったサービスなのか、多くの人が気になる審査基準や借入の方法、おすすめの個人融資サービスを紹介していきます。

 

個人融資をうまく活用できれば、お金を効率的に使えるようになりますよ。ぜひ参考にしてみてください。

 

今すぐ個人融資を受けるなら

 

銀行からの個人融資、おすすめは「使い道自由」のカードローン

個人融資の種類

 

お金を借りるときに、資金を使用する目的は個々で異なります。

 

そのため銀行もニーズに合わせて、個人向けの融資サービスを展開しているのです。

 

この個人向け融資サービスには、大きく分けて以下の2種類があげられるでしょう。

 

目的ローン
  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン など
個人融資
  • カードローン
  • フリーローン
  • ビジネス(事業)ローン など

 

このように目的ローンは、お金の利用目的がはっきりしている人向けの商品です。即金で支払いが難しい高額なものに対して、専用の目的ローンがあります。

 

一方の個人融資は、お金の使い道が自由になります。

 

そのためカードローンやフリーローンは、生活費・娯楽費・飲み代・支払いなど、自由に使えるのが特徴。

 

しかしビジネスや事業資金に利用する事はできません。

 

もしも事業用として利用する場合には、ビジネスローンを利用しましょう。

 

ビジネスローンは、事業に関わる範囲内ならば自由に使えます。

 

個人融資にはプライベート用(カードローンとフリーローン)と仕事用(ビジネスローン)のそれぞれで自由に使えるローンがあるのです。

 

銀行で使うフリーローンとカードローンを比較してみた

銀行で扱うフリーローンとカードローンは、どちらもお金の使い道が自由。そのため違いがよく分からない人も多いでしょう。

 

その違いを理解するために、それぞれの特徴をピックアップして比較をしてみましょう。

 

フリーローン
  • 一度に全額を借入
  • 金利は低い
  • 限度額が低い
  • 審査に時間がかかる
  • 繰上げ返済は有料のケースあり
  • 年齢制限あり
カードローン
  • 繰り返し借入OK
  • 限度額が高い
  • 金利が少し高い
  • 審査が早い
  • 繰上げ返済が自由
  • 年齢制限なし

 

これらの決定的な違いは、フリーローンが一度きりの融資なのに対し、カードローンは限度額の範囲内なら何度でもATMで融資を受けることができる点です。

 

例えばフリーローンで100万円借りたら、後は完済するまで返済を続けるのみ。途中で追加の融資を受けることはできません。

 

しかし、カードローンは、限度額をオーバーしなければ何回でも繰り返し借入ができます。

 

具体的な例として、次のような使い方がカードローンでは可能です。

 

利用限度額100万円のカードローンを契約。

 

  1. 最初に30万円借りる。
  2. 利用残高は70万円に減少(100万円−30万円)
  3. 返済前にお金が必要になったから追加で50万円かりる。
  4. 利用残高は20万円に減少(70万円−50万円)
  5. 15万円返済する。
  6. 利用残高は35万円に増加
  7. 利用残高が0円にならない限りは繰り返し借入が可能!

 

急にお金が必要になったときも、手軽に借入できるカードローンは、個人融資としての利便性は非常に高いと言えますね。

 

銀行のカードローンは大きく分けて2種類!

ここからは個人融資の中でも、非常に柔軟に利用できるカードローンを詳しく紹介していきます。

 

銀行のカードローンは、次の2つに分類されます。

 

  • 銀行系カードローン
  • 銀行カードローン

 

まずは「銀行系」と「銀行」カードローン、それぞれについて見ていきましょう。

 

銀行系カードローン

銀行系とは、銀行と同じグループ企業の傘下にある消費者金融のこと。

 

中には独立した消費者金融も存在しますが、銀行系カードローンは大手銀行や大企業のバックアップ体制が整っているので、倒産のリスクが少なく安心して利用できるでしょう。

 

代表的な銀行系カードローンは次の通りです。

 

 

銀行カードローン

銀行は預金業務だけでなく、個人融資のカードローンを販売しています。

 

その代表的なものとしては、

 

  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン

 

といった大手銀行があげられるでしょう。その他にも、地方銀行含めてカードローンを積極的に展開しているのです。

 

またオリックス銀行や楽天銀行といった、支店を持たない銀行もカードローンを提供しています。

 

インターネットの普及に伴い、現在さまざまなスタイルの銀行が生まれていますが、銀行の多くはカードローンを扱っているのです。

 

銀行系カードローンと銀行カードローンはどっちがおすすめ?

銀行系カードローンと銀行カードローンを比較

 

銀行の個人融資を検討するときに、銀行系カードローンと銀行カードローンのどちらを選ぶべきか迷ってしまいます。

 

自分に合った融資を受ける方法を選ぶためにも、それぞれのメリット・デメリットを知ることが重要。

 

ここでは、それぞれのカードローンのメリット・デメリットについてみていきましょう。

 

銀行系カードローンのメリット・デメリット

アコム、プロミス、SMBCモビットといった銀行系カードローンのメリット・デメリットは次の通りです。

 

メリット
  • 申込当日中の即日融資が可能
  • 最短審査時間は30分
  • 土日も審査可能
  • 無利息サービスのあるところが多い
  • 口座開設が不要
デメリット
  • 金利が約18%と高め
  • 融資金額は年収の1/3以下に制限
  • 50万円以上の借入は収入証明書類が必須

 

金利が約18%と高めに設定されてはいますが、その魅力は最短30分のスピード審査。

 

さらに銀行の場合だと土日・祝日は休みになりますが、銀行系カードローンは平日同様に審査可能。

 

そのため連休中など、出費が多いタイミングでも融資を受けることが出来るので便利ですね。

 

アコムとプロミスの2社は、契約したら30日間の無利息期間サービスが利用できます。

 

これがあることで金利の高さが単純なデメリットにならないのです。

 

例えば、3万円借りて無利息期間中に全額返済すれば利息0円です。このような短期的な借入には最大限の効果を発揮します。

 

ただし銀行系カードローンは貸金業法によって、年収の1/3を超える融資は受けられません。

 

年収360万円なら借入上限は120万までということです。

 

銀行系カードローンを利用するときには、自分の年収ならいくら借りられるか?事前に知っておく必要があるでしょう。

 

おすすめ銀行系カードローン

 

銀行カードローンのメリット・デメリット

続いて、銀行カードローンのメリット・デメリットをみていきましょう。

メリット
  • 預金で利用。安心感がある
  • 金利が14〜15%と低め
  • 長期的な借入に向いている
  • 融資の上限額の規制はない
デメリット
  • 申込当日中の即日融資は不可
  • 最短審査時間は申込後の翌営業日
  • 無利息サービスは基本的になし
  • 口座開設が必要な銀行もある

 

銀行カードローンの最大の特徴は、銀行系に比べて低金利な点。

 

カードローンは毎月返済するときに利息を含めて支払う必要がありますが、その利息額は金利で決まります。

 

金利が低ければ、利息が小さくなるので金銭的な負担が減る効果があるのです。

 

しかし銀行カードローンは、最短でも審査回答は申込日の翌営業日になります。また申込者によっては、1週間程度時間を要する人も。

 

低金利な分、審査は慎重になる傾向にあるのです。2018年1月より、銀行は即日融資を停止しています。

 

したがって急ぎに融資など、緊急性の高い借入には不向きと言えるでしょう。

 

そして銀行カードローンは、銀行系のように融資の上限金額が年収に左右されるような法的な規制はありません。

 

言い換えれば、気にせず自分の好きな金額で申し込んでOKということになります。

 

しかし2018年8月の金融庁の実態調査によれば、ほとんどの銀行が年収の1/2以下、1/3以下とする自主規制のラインを設けているのが分かっています。

 

法的に問題ないとはいえ、実際には、銀行系カードローンと同様の貸付条件があると思って申込をしたほうが無難でしょう。

 

銀行の個人融資利用は銀行系カードローンが身近で便利!

緊急性の高い急ぎの融資にも対応でき、土日も審査が可能であることを考えると、利便性が高く柔軟なのは銀行系カードローンです。

 

そのため迷ったときには、銀行系カードローンがおすすめでしょう。

 

銀行系は金利が約18%と、3〜4%程銀行より高いのですが、無利息期間中は金利0%です。

 

無利息サービスが終わったら通常金利に戻りますが、半年以内の短期借入ならば十分に銀行系カードローンが金利面で有利になります。

 

もちろん、それ以上の長期的な返済になるなら銀行カードローンの方が利息額は安くなります。

 

使い方次第で、利息を究極的に安くすることができるのもまた、銀行系カードローンだからこそできるのです。

 

銀行から個人融資を受けるときの申込み条件

個人融資の条件

 

銀行の個人融資の申込条件は、各社ほとんど共通しています。

 

  • 安定した収入がある
  • 主婦や学生でも安定収入であれば借入OK
  • 基本的に20才未満の利用不可

 

ポイントは、雇用形態よりも収入が毎月継続してあることが重要ということ。ですから、正社員である必要はなくアルバイト・パートであってもOKなのです。

 

ギャンブル・他社ローン返済・事業資金の利用NG

NG事項に気をつけて

 

基本的に、カードローンの利用目的は自由です。実際に、その具体的な使用例として

 

  • 食費などの生活費
  • 公共料金、カードの支払い
  • 旅行費用
  • 家電、インテリアなどの物品購入
  • 冠婚葬祭費

 

など、挙げればきりがありません。普段の生活の中でお金を必要とする場面で使えるわけですから。

 

しかし使いみちが自由のカードローンであっても、事業性資金としての利用を禁止するところがほとんどです。

 

つまり会社やビジネス用の資金調達としては使えません。

 

また申込ができたとしても審査に通らないカードローンの利用目的というものがあります。

 

  • ギャンブル(パチンコ、競馬など)
  • 他社のローンの返済に充てる

 

これらは借金がより多くなってしまう危険性があります。

 

ですから申込後に電話連絡があった際、このような理由を伝えてしまうと審査通過は厳しくなるでしょう。

 

個人事業主は専用ローンがおすすめ

前述したように、個人事業主が個人向けの融資を受けるときは事業専用ローンがおすすめです。

 

この事業専用ローンは事業資金だけでなく、生活費など個人的な利用も可能になります。

 

事業者専用ローンの最大のメリットは、総量規制の対象外になること。

 

つまり融資金額の上限が年収の1/3を超えてもOKなのです。

 

銀行系カードローンの中で有名な事業者専用ローンには次のようなものがあります。

 

  • アコム…ビジネスサポートローン
  • プロミス…自営者ローン

 

どちらも無担保・保証人不要で即日融資が可能です。

 

資金繰りが厳しい場合に支払いを一時的に立て替えたい場合など、ATMで借入ができると便利ですよ。

 

実際いくらまで借りられる?やっぱり口座開設は必要なの?

カードローンで借入できる最大金額が利用限度額になります。

 

そしてカードローンの限度額は各社違いがあり、借入額を設定できる最大値を意味します。

 

アコムなら最大で800万円、プロミスなら最大で500万円の利用限度額が設定可能ということです。

 

 

銀行・ブランド名

限度額

銀行系カードローン

アコム

800万円

SMBCモビット

プロミス

500万

銀行カードローン

三井住友銀行

800万円

みずほ銀行

オリックス銀行

楽天銀行

500万

 

また限度額は、審査の結果によって決まります。

 

特に銀行系カードローンは総量規制の対象なので、必然的にこのライン以下の限度額が設定されます。

 

しかしカードローンの使い始めのときは、利用限度額は50万円以下に設定されることが一般的です。

 

延滞などせずきちんとした利用を積み重ねていくと、後に利用限度額を上げることができます。

 

借入するときは指定口座の開設が必要?

口座開設が必要になるかどうかはカードローンによります。

 

しかしカードローンはATMで借入・返済をするサービスなので、基本的に口座がなくても問題ありません。

 

口座をこれ以上増やしたくない人は、開設不要のカードローンを選びましょう。

 

実際に、口座開設することなく融資を受けられるカード会社・銀行を下記で見ていきましょう。

 

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • オリックス銀行
  • 三井住友銀行

 

口座の有無は、借入よりも返済に関わります。

 

基本的に口座開設するカードローンは、毎月の返済が口座振替で行われます。

 

ATM返済もできますが、口座振替は自動で行われるので払い忘れの心配がないというメリットがあります。

 

このように口座を開設すれば返済パターンが増えます。

 

好みの問題ですが、コンビニATMで支払いができれば十分という人は、口座不要のカードローンで全く問題ありません。

 

気になる金利はどれくらい?低金利だけで決めない!

カードローンの金利も各社違います。

 

金利は返済時の利息額を決めるものになるので、カードローン選びで重要な指標になるでしょう。

 

 

銀行・ブランド名

限度額

銀行系カードローン

アコム

3.0%〜18.0%

SMBCモビット

プロミス

4.5%〜17.8%

銀行カードローン

三井住友銀行

4.0%〜14.5%

みずほ銀行

2.0%〜14.0%

オリックス銀行

1.7%〜17.8%

楽天銀行

4.9%〜14.5%

 

表にあるとおり、金利は幅を伴っています。

 

特に下限金利は低いので魅力的に見えますが、初回利用でいきなりこの金利が割り当てられることはまずありません。

 

まず上限金利が設定されることが一般的なので、金利で選ぶときは上限金利を比較しないと意味がありません。

 

そして金利は限度額に対応しており、限度額が大きくなればなるほど、低金利になります。

 

毎月しっかり返済し、利用実績を積むことで限度額を増やすことも可能でしょう。

 

その際には、増額審査を受ける必要があります。

 

これに通過すれば、金額によって金利が下がる可能性も十分になりますね。

 

またスタート金利が高めであっても、一定期間金利0%になるサービスや、スマホアプリで借入・返済が簡単にできるものもあります。

 

将来的に低金利を目指せるのはどのカードローンも同じなので、スタート時の金利の高さ低さだけで選ぶよりも、他のサービスや特徴を含めて検討する方が、満足度の高いカードローンが選べるはずですよ。

 

審査は厳しい?通過するためのポイント3つをチェック!

審査通過のポイントを解説

 

審査内容や基準は一切公開されていません。ですから審査に通るか通らないのか不安になる人は意外と多いでしょう。

 

それでも、審査に高確率で落ちる人の特徴はあるのです。

 

代表的なものが次の3点です。

 

  1. 信用情報に事故情報がない
  2. 初回の借入額は低めに設定
  3. 審査で嘘をつかない

 

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

信用情報に事故情報がない

カードローンの審査では必ず申込者の信用をチェックします。信用とは、これまでのクレジットカードやローンの利用履歴のことです。

 

延滞や滞納ばかりしている人にお金を貸したいと思う銀行はありません。

 

きちんと返済してくれる人にならお金を貸してもいいと考えるのが一般的でしょう。その判断材料になるのが「信用情報」なのです。

 

信用情報はどの銀行からも見ることができるようになっています。

 

いつ、どこの銀行の個人融資でいくら支払ったのかの記録が詳細に確認できるのです。延滞や滞納の事実は他社のものであっても知られてしまいます。

 

この信用情報でマイナスに評価されるのが、次のような返済ができなかった記録です。

 

  • 2ヶ月以上の延滞・滞納
  • 債務整理
  • 強制解約

 

事故情報といいますが、この記録があると金融ブラック状態といい、個人融資の審査に通りません。

 

審査通過するためには、このような事故情報のない信用情報であることが必須といえるでしょう。

 

初回の借入額は低めに設定

カードローン申込時に希望する限度額は低めの方がいいでしょう。

 

大きな金額になれば、審査で返済能力や信用を慎重にみなければならなくなります。

 

審査通過を保証するものではありませんが、審査に通る確率を少しでも上げておきたいのなら有効なアイディアの1つです。

 

審査で嘘をつかない

審査で嘘をつくことは致命的です。疑われる行為は信用を下げるのです。

 

特に、他のローンを利用している人で印象を良く見せようとして他社借入件数を実際より少なくして申し込むなどしても、信用情報を確認すればウソをついていることがバレます。

 

年収の過度な水増しも、過去の審査や会社の情報によってある程度分かったりするのです。

 

疑われると源泉徴収票や給与明細の提出を求めてくることだってあるのです。

 

正確な情報で申込をしましょう。

 

銀行からの個人融資におすすめのカードローン3社を紹介

銀行の個人融資のカードローン商品は多くあります。

 

ここでは次の5つのポイントを考慮してカードローンを選んでいます。

 

  • 安心できる銀行であること
  • 急ぎの人にも対応可能
  • 金利優遇サービス
  • 契約手続きが簡単
  • コンビニATMが使える

 

申込から契約までのスピードがはやいと、融資を急いでいる・いないに関わらず対応可能。様々な需要にこたえることができます。

 

また、実際の利用でメリットを感じるサービスがなければ契約後に後悔することも。

 

これらのポイントがそろった満足度の高いカードローンを3社紹介していきます。

 

アコム

アコム

 

三菱UFJ銀行と同じグループであるアコムは大手銀行系の個人融資として有名。

 

審査スピード最短30分でありながら、自動契約機(むじんくん)が22時まで営業しているので、仕事帰りの時間帯でも即日融資が可能なのです。

 

  • 契約日翌日から30日間無利息
  • ネット申込と自動契約機(むじんくん)で即日融資可能
  • コンビニATMが利用可能

 

30日間の金利0%のサービスを活用して無利息返済も可能ですよ。

 

少額の借入を緊急でしたい人におすすめの1枚です。

 

銀行カードローン

 

プロミス

プロミス

 

三井住友銀行と同じグループのプロミスは、この3社の中では最も低金利な17.8%。

 

無利息期間が終わったあとの返済までトータルで考えると最もお得なカードローンです。

 

アコム同様に審査スピードは最短30分の即日融資が可能。

 

  • 初回借入から30日間無利息
  • 三井住友とプロミスATMが手数料無料
  • コンビニATMが利用可能
  • スマホ1台で申込から借入まで対応可能

 

手数料無料のATMが使えるのも魅力的。

 

30日間無利息も初回借入からスタートするので、契約後にすぐ借入をしない人も必ず適用されるということ。

 

契約して1年後にプロミスを初めて利用したとしても30日間無利息になるんです。

 

お金が必要になったときにすぐ使える1枚として持っておく価値がとても高いのがプロミスです。

 

銀行カードローン

 

SMBCモビット

SMBCモビット

 

SMBCモビットはプロミスと同じ三井住友銀行と同じグループ。

 

銀行の中でも積極的に新しい技術を取り入れるので、高い利便性で利用者から人気を集めています。

 

  • 「WEB完結申込」なら電話・郵送物なし
  • 生体認証付きのスマホアプリで借入状況を一元管理
  • 申込後は10秒以内に簡易審査結果が表示される
  • 三井住友銀行ATMは手数料無料

 

特に「WEB完結申込」は圧倒的にはやく簡単に契約が済みます。

 

電話・郵送物がないので家族や同僚に知られずに利用するならおすすめの1枚です。

 

審査スピードも最短30分ですので即日融資はもちろん可能。

 

スマホアプリで管理すれば、指紋や顔の認証機能があるので、第三者が操作することはほぼ不可能。不正利用にも強いセキュリティの高さは魅力的です。

 

銀行カードローン

 

【まとめ】銀行からの個人融資は銀行系カードローンで決まり!

銀行の個人融資について初心者の方にも分かるよう全体から詳細まで幅広く紹介しました。

 

お金を必要とする状況は、今はなくても将来あるかもしれません。

 

そのときの資金調達先として、使いみちが自由なカードローンを1枚持っておけば安心できます。

 

特に今すぐにでも融資を受けたいという人は、即日融資可能な銀行系カードローンから選びましょう。それでも悩んでしまうのであれば、

 

  • 少しでも金利を安くしたい人はプロミス
  • 面倒な手続きが嫌だという人はSMBCモビット

 

このような基準を参考に、選んでみるのもおすすめですね。